北海道コンサドーレ札幌HOKKAIDO CONSADOLE SAPPORO
menu
コンサドーレ エンタメ!
MATCH
REPORT

マッチレポート

PREMIUM

9月9日 セレッソ大阪戦 試合後監督コメント

ペトロヴィッチ監督コメント

--本日の試合総評
今日のゲーム敗れはしましたけども、選手たちは非常に良い戦いをしてくれたと思います。
1失点目に関しては自分たちがボールを持ったところから、相手にプレゼントゴールをあげてしまったような失点でした。
2失点目に関しても、中々自分たちがゴールを奪えない中で相手に少ないチャンスをものにされてしまいました。
立ち上がりから選手たちはアグレッシブで自分たちらしい攻撃的なサッカーを表現してくれたと思います。
ここ最近のゲームというのは内容で相手を上回りながら結果で負けているという試合が続いていますが、
こういった戦いを続けていくことが自分たちの力になると私は信じています。
今の状況の中では、自分たちの戦いで結果が出ていませんが継続していくことが大事だと思います。

--今チームに足りないものとは
今日のゲームだけではなく、前節の広島戦、その前の名古屋戦、それ以前の試合に関してもチャンスは十分に
作れていますがその中でチャンスをしっかりと決めきる割合を高めていかなければならない。
そこが勝っていくうえで必要であると思います。
我々は多くのチャンスを作りながらも、自分たちの小さなミスが相手の得点になってしまうという傾向にあります。
1失点目に関しては自分たちのミスから相手に得点を奪われた形となってしまった。
2失点目は清武選手の打ったシュートがたまたま奥埜選手のところにこぼれて得点になってしまった。
相手はそれほどチャンスが多くなかったと思います。我々札幌がやるサッカーというのはより攻撃的で非常にアグレッシブな、今のサッカーのトレンドの前を行くようなサッカーを見せているはずです。
今シーズン鈴木武蔵選手が海外に移籍したというのは得点を取るという部分で我々にとっては非常に悩ましい部分ではあります。
得点を取るというのは生まれ持っての才能。そういった選手というのはトレーニングの中で養ったりしてどうにかなる問題ではないです。
ただこのような状況で我々は戦っていかなければならないので、チャンスを決めきるという部分をチームとして取り組まなければならない。
ゴールを取るという部分に関してはトレーニング、精神的な部分ですぐにどうにかなるという訳ではないというのも確かです。
だがこういった戦いを札幌は続けていかなければならないと私は思います。
続けることというのは我々札幌が進むべき道であり、結果が出ない中でも自分たちを信じて進み続けることが我々にとって
一番大事なことです。