北海道コンサドーレ札幌HOKKAIDO CONSADOLE SAPPORO
menu
コンサドーレ エンタメ!
MATCH
REPORT

マッチレポート

PREMIUM

11月3日 川崎フロンターレ戦 試合後監督コメント

ペトロヴィッチ監督コメント

--本日の試合総評
これまでの川崎との対戦というのは、ほとんどの試合で大敗をしていました。ただそうした過去の試合を振り返ってみても、やはり今日のような良いゲームはしていたと思います。チャンスはありがながら得点できずに逆に相手にチャンスを決められて負けを重ねてしまっていました。

過去の試合を振り返って、前からプレッシャーをかけてアグレッシブにボールを奪いに行く、そして奪ったところで逆に自分たちがボールを支配していく。今日の試合は、そうした戦いを狙いとしていました。守備の時は、時として、同数で守るような非常にリスキーな戦い方をしましたけれども、個の能力、コンビネーションの優れた川崎に対して同数で守るというのは少しクレイジーな部分もあるかもしれません。

ただ、我々はよりアグレッシブにボールを前で奪い、そしてボールを奪ってから相手ゴールに迫っていく。そうした戦い方を、選手たちは規律をもってやってくれたと思います。運動量、球際、そして規律、選手たちは本当に素晴らしいプレーを見せてくれたと思います。試合を通してみても、我々札幌が今日は相手を上回る、勝利に値するゲームだったと思います。

--後半途中での選手交代の狙いは
この川崎戦はガンバ戦と中2日ということで連戦の中での試合で、選手を少し入れ替えなければいけないという状況で今日の先発を選択しました。ガンバ戦は良い戦いをしながら敗れました。その時にロペスとドウグラスは2トップでいい活躍をしましたけれども、今日の相手の川崎はガンバと比べても質の違うチームですので、今日の先発はモビリティのある選手を起用しました。

後半途中からブラジル人の2人、ドドとロペスという、危険で得点ができる可能性がある選手を起用することで、試合を動かしていきたいという意図がありました。今日は交代で入った2人が、素晴らしい活躍をしてくれたと思います。もちろんプラン通りの交代ではありましたが、交代して入った選手がすぐに得点をするというのは、もちろん出来すぎだとは思います。

----相手の中盤でボールを奪ったシーンについて
得点シーン以外にも、前からボールを奪いにいって、チャンスはクリエイトできていたと思います。それが形として得点という形にはなりませんでしたが、そうしたプレッシングから相手ゴールに迫るということはできたと思います。今日の試合だけではなく、我々はボールを前から奪いにいく、そうした取り組みを行ってきたなかで今日のように内容の良いゲームはしてきたと思います。ただ、チャンスを生かしきれなかったり、安い失点をしてしまう中で、我々はなかなか内容と結果が伴わない試合が多かったように思います。

この戦い方というのは非常に運動量、球際、1対1の強さ、予測、集中力、といろいろなものが必要で、非常にテンポの速い高いサッカーですので、そういう意味では試合の展開に選手たちも90分を通して続けるのは難しかったと思います。ここ何試合かの自分のチームを見て、ようやくそういった部分が安定してきたように思います。今日は相手に対して狙いをもった戦いをして、勝負ができたという印象です。